正社員は雇用期間の定めが無く、管理職にも登用される総合職が多いので高収入と思われがちです。一方、派遣社員は、人件費削減のために単純作業を中心に働き、給与水準が低いと考えられています。確かに製造業や一般事務では、収入格差が分かりやすい形で存在していますので、正規雇用を望む人が多いのでしょう。

しかし、業界によっては収入格差が逆転している現状があることは、あまり知られていません。システム開発を行なう現場では、正社員は年俸制が採用されていることが多く、システムアーキテクトやプロダクトマネージャーとして働く人の中には、実際のプログラムコードを久しく書いていない人も少なくないのです。

システムエンジニアの業界では、特定の高度なブログラム設計やコーディング可能な人材は、派遣社員として高時給で働いています。特定の会社に正社員として勤務すると、かえって収入が下がってしましますので、敢えてプロジェクトごとに参加する派遣社員という体裁を保っているわけです。特定の技術力を持った高いスキルを習得するために、敢えて非正規雇用を選んでいる人がおり、将来フリーランスとして独立するかベンチャー起業する立場になる人に多く見られる傾向です。

個人の技術力が試される能力主義の業界では、雇用形態や役職による違いは、仕事が出来るかどうかとは無関係の状態となっています。結果として、高いスキルを持つ者が高収入を得られる状態となっている特徴があるわけです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2021 自分らしい働き方を求めて. All Rights Reserved